イベント

トップページ > ニュース&イベント > イベント > 総務委員会主催「第43回 消費者問題懇話会」のご案内

総務委員会主催「第43回 消費者問題懇話会」のご案内

「消費者問題懇話会」は旬な消費者問題について、講演とディスカッションを通じて情報提供と意見交換を行い、参加者間の交流を深める場として毎年開催しています(昨年度は中止)。第43回は講師として、消費者庁客員主任研究官などを務められている、鳴門教育大学准教授 坂本 有芳氏をお迎えします。

今回は、消費のデジタル化に対応するための消費者教育をテーマとして、講演やディスカッションを通じて一緒に考えていきたいと思います。ぜひご参加ください。

日 時  12月23日(木)13:30~16:30

場 所 大阪産業創造館 5階 研修室A・B (大阪市中央区本町1-4-5)

プログラム  講演:「デジタル時代の消費者教育~いかに消費者の脆弱性に対処すべきか~」

        (講師)坂本 有芳(ゆか)氏

      ②  グループディスカッション

<坂本 有芳氏のプロフィール>

鳴門教育大学 准教授・消費者教育推進プロジェクトリーダー

消費者庁新未来創造戦略本部 客員主任研究官

富士通株式会社、東京理科大学工学部経営工学科(現:情報工学科)などを経て現職

定 員 30名(NACS正会員、賛助会員、行政および一般)

参加費 500円

申 込 ①氏名(フリガナ)、②所属 (NACS会員・賛助会員・一般)、③会社・団体名および部署名、④Eメールアドレス、⑤電話番号 を明記し、件名に「消費者問題懇話会申込み」と記載して、下記までお申込みください。

E-mail west-soumu@nacs.or.jp(総務委員会)

締 切 12月15日(水)